脳波測定のあれこれ

魂を揺さぶるような作品、表現ができるようになりたい

2021年8月10日

こんにちは、かおるこです。

コンサートやライブに行かれたことはありますか?

生の音楽って楽しいですよね

そこで楽しめるものといえば、音楽自体ももちろんなのですが、CD音源では味わえない

  • 場の空気感
  • 会場全体が一体となる瞬間
  • 演者さんの圧倒的なオーラ

このような圧倒的なエネルギーを体験していると、その帰り道にふと

「自分もこんな風に多くの人に感動を与えられる人になりたいな」

と欲求が生まれるのですが、

生まれながらにしての才能なんだろうな、自分がなれるわけないよな( ;∀;)、と諦めてました。

しかし、脳波測定を勉強していくうちに、

魂を揺さぶるような作品や表現をする人の、特徴的な脳の使い方がわかってきた!

これを知ることで、誰でも魂を揺さぶるような作品、表現ができるようになってくるんじゃないの?!

私は大興奮です(笑)

それを今日はシェアさせていただきたいと思います。

天才はつくることができる

私が使用している脳波測定器アルファテック7は、開発者でもある志賀一雅さんが40年以上かけて、本当に多くの能力者と呼ばれる方の脳波を測定し続けて

天才に共通する脳波

というものを発見されました。

それは、結論から先に伝えると

7.85Hzが出せる人

なのです

それがなぜ、多くの人に感動を与え、自然と涙を流させることができるのか、脳の仕組みを知ると、その答えがみつかりそうです。

これらを理解するために、まずは、脳の仕組みを(私のつたない言葉ではありますが)お伝えししてみようと思います。

原始的な脳と、人間たる脳

脳には、大まかに三つの機能にわけることができます。それが

  • 大脳新皮質
  • 大脳辺縁系
  • 脳幹

この図がとてもわかりやすいと思います。薄いピンクが大脳辺縁系と脳幹、濃いピンクが大脳新皮質です。

人間としての理性、成長、意識的に生きていく大脳新皮質

大脳新皮質は、名前に「新」がついているだけあって、進化の過程からみても新しい脳で、他の生物の中でも人間が一番発達していることから、人間たらしめる脳とも言われています。

  • ものを知覚したり、
  • 運動を制御したり、
  • 未来の予想、
  • 計算、推理など

まさに人間らしく生きる、知性を司るといっていい器官です。

本能的な役割を発揮する大脳辺縁系

大脳辺縁系は、本能的にたくましく生きる動物的行動を司る役割を持っています。「原始脳」とも呼ばれます。

  • 快不快、喜怒哀楽といった感情
  • 食欲、性欲、睡眠欲
  • 情緒、
  • 神秘的な感覚
  • 自律神経活動

ここが強い人は、動物的魅力(バイタリティ)が高いように思います。喜怒哀楽もハッキリしているだろうなぁ、、、

生命維持に必要な脳幹

脳幹は、脳の中心にあり、生命維持に関わる全てをコントールしています。

  • 呼吸
  • 心臓の鼓動
  • ホメオスタシス全般

ここは、自分の意志でコントールできるものではなく、反射的に動きます。意思はありません。

魂の座とも呼ばれていて、その人の根幹に関わるものとされています。

各部位と脳波の出現

  • 勉強や練習、仕事などで、集中できて満足な結果が得られるようなときには10Hzのミッドアルファが優勢です。
  • 不安や不満、ストレスが作用しているときは12Hzのファストアルファ波や14Hz以上のベータ波が優勢となり、自律神経の失調や生活習慣病に繋がりやすいようです。
  • 思考が支配している時には、10Hzのミッドアルファ波や12Hzのファストアルファ波、時には14Hz以上のベータ波で体の細胞が制御されています。

また、脳波と脳の部位は関連していると考えられています。

  • ミッドアルファ波が出ている時、脳の外側にある大脳新皮質が活発に動きます→10Hzの集中
  • また脳の中心である脳幹が活発な場合、スローアルファ波がよく出ます→7.8Hzの瞑想
  • 脳の外側である大脳新皮質が強くなると、大脳辺縁系や脳幹の活動機能が抑えられる傾向があります。

無念無想で大脳新皮質の活動を抑えると、大脳辺縁系や脳幹の活動が活発になり(瞑想状態)、それが脳波に反映されて、7.8Hzのスローアルファ波や、6Hzのシータ波、4Hzのデルタ波になると言われていますが、これは生命体として健康に生きるために必須の機能でもあるようです。

魂を揺さぶるのは、脳幹を共鳴させる

これら3つの脳の働きを学んで、魂を揺さぶるような作品、サービス、エンターテイメントに関わる部位は、、、もうわかりましたよね。

感動する作品に出会ったとき、魂に響き、訳もわからないのに涙が出てきてしまうほどの感動は、本能を司る脳幹が活発に働いてます。

そして、脳幹が活発に働いているときには、7.8Hzのスローアルファ波が出現することがわかっています。

シューマン共振といわれる自然界の周波数も7.8Hzです。

壮大な自然の景色に涙をしたり、動物に触れると癒されるのは、この7.8Hzに共鳴しているからです。

説明のつかない感動は、脳幹が司っていることがわかります。

脳幹への影響は、どのようにすればよいのか

さて、実際にどのようにして感動を提供できるのか、

それは、ご自身が7.8Hzであることが大前提になります。

演技するとき、創作するとき、文字だってそうです、感動を与えるという欲は一旦置いて、超集中状態を作るのです。

脳波というのは、名前に「波」がついている通り、波紋のように広がります。

作家の想いは、波に乗って会場の多くの人を感動に包むことができます、モノにも伝播しますし、時空さえ超えることができるのですが、量子論的お話は、また別の機会にしますね。

そして、私が使用している脳波測定器では、ニューロフィードバック機能が搭載されているので、

計測をしながら、音楽で誘導させることによって、7.8Hzが出せるようにトレーニングすることができるのです。

そんなことを期待しながら、私自身も上手に7.8Hzが出せるように、現在も修行中です(*´艸`*)

出口王仁三郎の耀碗

余談ですが、魂が込められた作品として、私が思いつくのが、出口王仁三郎という昭和初期に活動した宗教家が、晩年、祝詞をあげながら不眠不休でつくりあげた「耀盌(ようわん)」です。

彼の死後、思想を越えた海外(特に欧米)の芸術家の心を掴んでおり、今でも高額で売買されています。

芸術作品の、最近の傾向としては、Instagramなどで作家さんの日常がピックアップされて、作家に憧れて、とか、インフルエンサーが紹介していたから、など、情報が先にきてブームになっているという印象が強いのですが、

死してなお、作品だけでこれだけ人の心を掴むのは、恐るべし想念の力。この方の制作中の脳波を、ぜひ見てみたかったな、きっと、7.8Hzの持ち主だったに違いないと思うのでした。

当サイトで読まれているページ

1

はじめましての方、こんにちは。 京都で飲食店(ハーブカレー屋さん)を営んでいる、かおるこ、と申します。 飲食店を営んでいる私が、なぜ「脳波測定」をしているかを、ちょっと長いかもしれませんが、お話させて ...

2

こんにちは、かおるこです。 「脳波測定を学んできたよ」と友人に伝えすると、 「かおるこさんに脳みそ作り変えてもらいたいわ~」とか 「考えていることが丸裸なん?恥ずかしいけど見て欲しいなー」 と、想定外 ...

3

こんにちは、かおるこです。 私が脳波測定に使わせていただいているのは、アルファテック7という、数ある脳波測定器の中でも、どちらかというと能力開発をメインに作られたモデルです。 人間の奇跡的な能力が発揮 ...

4

こんにちは、かおるこです。 コンサートやライブに行かれたことはありますか? 生の音楽って楽しいですよね そこで楽しめるものといえば、音楽自体ももちろんなのですが、CD音源では味わえない 場の空気感 会 ...

5

こんにちは、かおるこです。 ここでお話することは、ちょっとぶっ飛んでるお話なので、読む人を選ぶと思うし、全てを理解してほしいというものでもありません、 もともと私は、スピリチュアルをエンターテイメント ...

-脳波測定のあれこれ
-, , ,